酸素水や生ローヤルゼリーなどの食品の力~健康食品で健康促進~

肝臓を元気にしよう

肝臓に良い食べ物とは

肝臓に自信ありますか。そのように聞かれると、自信があると答えづらい。特にお酒を頻繁に飲む人にとっては肝臓が疲労してしまっている可能性が高い。そこで肝臓をよくすることを考えよう。一般的には睡眠不足をしないことや運動することが肝臓に良いとされている。それでも仕事の都合などで継続することが難しい場合がある。そのような場合は肝臓に良い食べ物を摂るのが良い。肝臓に良い食べ物として1番代表的なものは抗酸化作用のある食品である。りんご、キウイ、いちごなどのフルーツ類や、ピーマンやかぼちゃなどの野菜、大豆や豆腐などの豆類がある。体内の酸化が肝臓の大敵のため、スーパーなどで100円200円程度で入手することができる抗酸化作用の食品で肝臓を元気にすることができるのだ。

さらにこんな食べ物も注目されている

抗酸化作用のある食べ物以外に、肝臓に良い食べ物が最近注目されている。それは貝類である。特にしじみは良質のタンパク質が含まれており、胆汁の分泌をよくするため肝機能を上げてくれるのだ。また、肝臓の物質代謝のかなめとなるビタミンB2やカルシウム、鉄分なども豊富に含まれており、脂肪分が少ないことから肝臓に負担がかからない。そのためしじみが注目され、しじみエキスなどがサプリメントになっている。他にもアサリやカキなど鉄分やミネラルが多いことから肝臓を活発にしてくれると言われている。このように肝臓に良い食べ物は身近に豊富にあり、様々な食品であることから、お酒を毎日飲む人や脂っこい食べ物を食べるひとは、毎日のメニューの中で少し工夫することで肝臓が健康になるのだ。